すずか民報

68件のデータ / 1件目 〜 10件目 を表示

2022年4月(163号)
「国民健康保険料が引き下げられます」「コロナ陽性・自宅療養・待機の市民に支援を」「子ども医療費の窓口無料化が9月から拡大されます」「鈴鹿青少年の森公園へのサッカー場、建設を一旦停止・見直しを」「基礎的な『読解力』を重視した教育を」ほか

▼ダウンロード (すずか民報163-2022-4.pdf/容量:2735KB)

2022年1月(162号)
「青少年の森の『森』を5haも伐採、公園の自然こわしてサッカースタジアム計画」「国保・16億円も積み上がった黒字・基金」「ふるさと納税、鈴鹿市は1億5千万円の減収」「生理の貧困なくす取り組みを」ほか

▼ダウンロード (すずか民報162号-2022-1.pdf/容量:2837KB)

2021年9月(161号)
「ワクチンの検査も、もっと速くもっと広く」「生活保護の申請、親族への『扶養照会』は要件ではない」「青少年の森公園の『森』が減らされる」「おかしな校則見直しを」ほか

▼ダウンロード (すずか民報161-2021-9.pdf/容量:2629KB)

2021年5月(160号)
「石薬師小学校体育館が改築完成」「核兵器禁止条約の発効は『貴重な一歩』」「介護保険料8期は据え置き」「高齢者の耳の検診、補聴器購入への助成を」ほか

▼ダウンロード (すずか民報160号2021-5.pdf/容量:1208KB)

2021年2月(159号)
「高齢者の暮らし圧迫する介護保険料を引き下げて」「コロナ対策の基本は、広く検査を行ない感染者を把握・保護すること」「生活保護、生活に困った市民に寄り添う市政に」「行政のデジタル化で何が変わる?」ほか

▼ダウンロード (すずか民報159号2021-2.pdf/容量:2751KB)

2020年10月(158号)
新型コロナ感染対策、PCR検査の拡充がカギ」「小中学生全員に1人1台パソコン端末」「市民センター窓口利用で戸籍住民課窓口の混雑の緩和を」「コロナ予防の面からも少人数学級への取り組みを」ほか

▼ダウンロード (すずか民報158号2020-10.pdf/容量:1218KB)

2020年5月(157号)
「小中学校トイレ洋式化・校舎改修計画案できる」「重い保険料負担、引き下げで軽くして」「目の前の公園でも『校区外』は行けない?」「教職員の変形労働時間制は、働き過ぎ解決に逆行」など

▼ダウンロード (すずか民報157号2020-5.pdf/容量:1186KB)

2020年2月(156号)
「学校トイレ洋式化、来年度からスタート」「学校施設の老朽化への対策も緊急の課題」「マイナンバーカード政府が自治体に『普及目標』押しつけ」「国保証『滞納したら資格証・短期証』やめて」「非正規職員の新しい任用制度、処遇改善は」ほか

▼ダウンロード (すずか民報156号2020-1.pdf/容量:1409KB)

2019年11月(155号)
「県下一高い国保料、国保基金のためこみ13億円を引き下げに回せ」「古い・臭い・汚い、鈴鹿市の学校トイレ、すべて洋式化への改善を求める」「10月から幼児教育・保育無償化がスタート」「市民の足=コミバスめざして、来年度に実証運行」ほか

▼ダウンロード (すずか民報155号2019-11.pdf/容量:1261KB)

2019年4月号外
「消費税10%への増税ストップさせましょう!」「安倍政治にサヨナラを」「市民の暮らしまもって頑張ってます、日本共産党鈴鹿市議団」

▼ダウンロード (すずか民報2019-4選挙中号外.pdf/容量:1001KB)

 ご意見、ご感想をお寄せください。

このページの先頭に戻る

ホームページに戻る